« 読み | トップページ | 設定6での正しい負け方 »

ストーカー再び

めぞん一刻がまた打ちたくなってしまいました。ええ。ストーカーですので。響子さんの。
ということで、某店に夕方から出撃です。
しかし、めぞん一刻の札台は空いていません。ストーカーらしく、シマの陰からこっそり行方を見守ってみましたが、どうも空きそうにありません。
仕方がないので、他の札台を打ちながら、響子さんを待ちかまえることにしました。

まずはおそ松。投資3kでスイカ解除。おとといに引き続き、初当たりが軽くて良い感じです。でも、REGなのがいただけません。
追加3kで諦め、秘宝伝へ。
この札台は偽札っぽいですが、REG後580Gで放置されていたため、ゾーン&天井狙いでがんばります。
…でも、なんか天井まで連れて行かれてREG、という自分が想像できてしまいます。助けて。

しかし、これが投資3kのゾーン中チャンス目一発高確、高確一発、というか1Gで解除、という素晴らしい展開。でも、REGなのがいただけません。しかも、伝説にも入らず。こんな偽札の台を延々と打っていても仕方ありません。JAC最終ゲームで良いねじり方をしたので、次はBIGだと思いますが、天井まで連れて行かれなかっただけ幸せだと言い聞かせて諦めます。

そして響子さんの様子を窺うと、まだ他の男と戯れています。ちきしょう、俺の響子さんに何をする。
しかし、よく考えたら、響子さんは札台だけじゃありません。札台じゃない響子さんと戯れることにしました。

秘宝伝のREGで入手した80枚ほどのメダルを持って移動します。
普通ならば、こんなちょっとのメダルで当たるわけがありませんが、そこは愛で。愛で当てます。

これが残り数枚でエピソードに発展。エピソード中にリーチ目を確認しましたが、エピソード途中で赤7をそろえるなどと無粋な真似は禁止です。最後まで堪能してなんとか5枚のメダルがあります。よし、なんとか買い足しせずにすみました。

賢明な方はおわかりかと思いますが、5号機のボーナス揃いに払い出しはありません。あはは。1枚足んねーよ。

しかし、この間この店で2枚メダルが余って持ち帰ったことを思い出しました。車の中に2枚。それを持ち出して小役ゲームの消化を開始。
…小役ゲーム1G目にハズレを引いたら、本当に買い足しだな、と気づいてしまいました。しかし、気合いを入れてレバーが叩いた甲斐があったのか、買い足しはせずに済みました。

ちなみに、今回のエピソードコンプリートは"シルエット・ロマンス"。即ち次は"約束"です。嗚呼、見たい。BIG中のスペシャルエンディングも見たい。

一刻タイムに勝負を賭けます。
これが99Gで左BARからの1枚役からエピソード発展。赤7確定ですが、当然リールを止めずにエピソードを堪能します。最高です。

その後、一刻タイム終了後即ヤメ。まだチョイ負けなのは承知です。でも、これを飲まれたら気分が悪いです。スペシャルエンディングを堪能した、気分が良いままやめたいのです。

■今日の結果
 おそ松くん -6k
 秘宝伝 -2k
 めぞん一刻 +7k

 計 -1k

■今日の疑問
 めぞん一刻はこんなに面白いのに、なぜ新日本以下略はあんなにつまらないのでしょうか。

|

« 読み | トップページ | 設定6での正しい負け方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読み | トップページ | 設定6での正しい負け方 »