« むしろ俺が伝説の漢 | トップページ | 迷走祭 »

キャプテンロバート止め打ち手順

 まずゲームの流れとしては、以下の通りです。

1.左上のチューリップ開放→玉が入賞
2.盤面中央下のチューリップ開放(1個入賞で閉じる)
3.盤面中央下チューリップが閉じたら、盤面中央上のチューリップ開放(1個入賞で閉じる)
4.2→3を1で入賞した個数分繰り返し(1で6個以上入賞しても最大5セット)

 上記流れを踏まえて、手順を記載します。まず、以下2つを必ず確認して下さい。

・1で入賞した個数を確認しておく。
(だいたいは5個入賞しますが、たまに3,4個しか入賞しない場合があるので注意して下さい)
・2→3の繰り返しセット回数を見ておく。
(1で入賞直後から2の開放が始まるので、数え間違いに注意)

 そしてここからが止め打ち手順。

a.最後の開放(通常は5回目)で、盤面中央下のチューリップに玉が入賞したら打ち出し停止。
b.液晶上部に777(大当たり出目)が表示されていますが、これの真ん中が動き出したら打ち出し開始。
(液晶に惑わされないよう注意。逆転パターンで復活することも多いので、ENDの文字が出ても打ち出しは開始しましょう)

 これだけです。かなり効きます。運悪く左上のチューリップに5個入賞しなかった場合は、チューリップが開いていない時間が長いので、特に差が出ます。

 但し、最善手順ではないかもしれません。上記は無駄玉が多少出ても空振りを防ぐ、ということを考慮した手順になっています。

 aでは、1回前の開放で盤面上チューリップ入賞で打ち出しストップした方が無駄玉は出ませんが、チューリップの性質上(1個入賞 or 規定時間で閉じる。次のチューリップ開放は、その閉じたタイミングに依存している模様)、最後の開放の時に盤面上に玉が無くて空振りする可能性があります。
 bでは、もう少し遅く打ち出した方が無駄玉が出ませんが、左上のチューリップに5個入賞しないと出玉に直結するため、早めの打ち出しとしています。

 空振りが出ても、無駄玉との差し引きでプラスになれば、別な手順で行った方が良いです。また、釘に影響を受ける部分もあるので、玉の流れを見ながら台毎に打ち出しタイミングを微調整すると良いでしょう。

 偉そうに書きましたが、これって多分雑誌に載っているんですよね。もっと良い手順が載ってるかもしれません。相変わらずパチンコ雑誌を読まないのでさっぱりわかりませんが。

 あ、この機種の性質上、盤面左上のチューリップ入賞した際に継続抽選をしている、との情報は見ました。そのため、初回当たり時は注意して下さい。玉突きなどで左上のチューリップに1個も入賞しなかった場合、その大当たりはなかったことになります。もちろん確変も無し。なので、初回時は多少無駄玉が出ても、早めに打ち出した方が良いでしょう。

|

« むしろ俺が伝説の漢 | トップページ | 迷走祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« むしろ俺が伝説の漢 | トップページ | 迷走祭 »