« 羽根デジを打ちます | トップページ | つまらない »

漢っぽくない立ち回り

 新装間もない某店へ。ガッチャマンやリングにかけろはさっさと取られてしまうでしょうが、きっと男塾はがらがらです。
 思惑通り、男塾はがらがら。ベル確率に設定差があり、1000Gくらい回せば1と6の区別くらいはつきそうです。
 しかし問題はMB。何気なく始まるので、ベルカウントを間違えてしまう可能性があります。
 ということで、DDT敢行。筐体上部のリールを見つめて打ち続けます。

 単調で辛いかと思いましたが、結構面白いです。左リール7かBARをビタ(リールのコマ数が少ないので比較的簡単)。伊達まですべればMB or スイカ。ボーナス成立時にはビタ止まりなので、強めの演出が出たら、演出を楽しむなり、ボーナスを狙っちゃうなり、好きなように楽しみましょう。

 最初は、1kキックでBIGを引いたりベル確率も好調だったのですが、MBがAに偏って全然増えなかったりしているうちに、ベル確率がどんどん悪くなってきて、しかも隣の台が絶好調になってきたようなので撤退。610枚流し。

 その後、あっちこっち乱れ打ちして、勝ち金を減らし続けてしまいました。マイナスになる前に帰ることに。

■本日の結果
 魁!!男塾 +7.2k
 秘宝伝 -2k
 ダイナマイトマン -2k
 CR新レレレにおまかせ! +4k
 CRはね物マジンガーZ -6k

 計 +1.2k

■本日の男塾
 上のリールばかり見ていたので、演出はほとんど楽しめませんでした。リールを見ていても面白いですが、リールを見ずにMBを察知しないのも面白そうです。ボーナス画面になってからベルを差し引けば、ベルカウントに問題も出ないので。

|

« 羽根デジを打ちます | トップページ | つまらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 羽根デジを打ちます | トップページ | つまらない »